blog


Honeypie

 今週は、映画「グッドバイブレーションズ」を見てきました。私はこういう感じの映画は好き。テリーフーリーさんという実在の人物を通して1970年代のアイルランドとパンクを描いた物語です。なんとなくアイルランドの紛争のことは聞いたことがあったような気がするけど、1998年の合意までバタバタしていたのは知らなかった。アイリッシュダンスとか音楽などはなんとなく知っていて「アイルランドってそういう国」とあまり宗教や政治のことは知ろうともしなかった。映画はそういうことは背景として描かれていて、面白いところはテリーさんがパンクに目覚めるところとか、自分の押しのバンドをイギリスのレコード会社に売り込むところとか、音楽の部分で、全然重い感じの映画じゃないけど、でも、どれだけテリーさんが変わり者で必死に何かを求めて自分を曲げずに頑張ったか、それは背景を知ることでその凄さが浮き彫りになります。でも、奥さんは大変だろうなあ、と思いました。面白かった。

 

 あと、Jacob Collierさんのライブを見に行ってきた。外国の人が多かった。お客さんは暖かいというか熱いまなざしというか、乗りが良い感じだった。ジェイコブさんは、YouTubeで見た感じそのままという感じ。楽しそうにいろんな楽器を弾きまくり、お客さんに歌わせて、落ち着きなくあちこちうろちょろして、きれいなハーモニーも変な曲の切り替えも好きみたいな感じでした。私が特に印象的だったのは、没入するような演奏スタイル。それもまあYouTubeのままでしたが、没入して楽しそうに楽器を弾いたり叩いたり(ドラムも叩いていた)、それが楽器がうまくなる秘訣なのではないかと思いました。そしてその感じは、田島貴男さんを少し連想しました。

そして今日は、一日ぐうたらしまくってしまった、、。そんな日もあっても良いじゃないか、と自分をなぐさめたり。

 

今日のYouTubeはこれにした。YouTubeのところに「Driver:Tim Lechman」てなっていたのが、チャーミングだと思いました。あと、なんか楽しそうだしね。

Light My Fire

今週もピラティスへ。今月は毎週行くぞ。先生が体がガチガチに固まっている私たちを見て、ほぐす&呼吸に重点を置いてやってくれました。自分の体がどれだけガチガチだったかわかったよ。なかなか一人ではこんなに体にお伺いを立てられないよなー、助かるなー、と思いました。

日曜日は、渡辺香津美さんトリオと田島貴男さんのライブへ。去年と同様、往年の名曲をカバーです。今日も良い曲知らない曲など聞けて楽しかった。

その中でこの曲をやりました。

意外性ありました。

最初の前奏のフレーズをギターで再現していて違和感全然なかった。面白いと思いました。

 

台風が接近してるとのことで、どうなんでしょう。うちのベランダ菜園を屋内に避難します。

明日はJRは朝から台風の被害状況を点検するそうで。たいへん。お世話になりますー。

映画見てきた。

映画「天気の子」、見てきました。良かった。たくさんのティーンエイジャーがこの映画を見て、いろんな事を思ってくれるといいな、と思いました。そういう作品を作った人たち凄い、と思いました。製作した人たちの気持ちがギッシリ入ってると思いました。

たくさんの若い子が、前を向けるような作品を見ていろんな事を考える、そういう社会、いいな。同じ事、2回言いましたかね?

私も考える、そして、私も自分なりの新しい自分を作っていくのです。毎日少しづつね。

蛇足ですが、ヒロインが、「君の名は。」よりかわいい。もひとつ、題名「天気の子」は飾り気のない題名だと思いました。

My Girl

今週はなんだかお疲れモードでした。

一か月ぶりにおけいこのピラティスへ。サボり過ぎたなあ。

お疲れなのは、運動不足と思われる。家でコツコツ運動する習慣をつけたいです。

 

金曜日は池上本門寺でのSlowLiveというイベントへ。オリジナルラブ目当てです。朝は強めの雨が降っていて、カミナリ予報も出ていたのでどうなるかと思ったけど、私が池上に着くころにはポツポツと降っているぐらいになり、そのうちやんで、夜風なども吹いて、気持ちの良い気候になりました。高野寛さん、KIRINJI、ORIGINAL LOVE、それぞれよかった。都内に住んで、こういうライブが気軽に聞けるのはいいですね。

 

今日のYouTubeは、SlowLive土日に出ていた私の知らない人たちをチェックした中から。

みなさんすごいです。センスがいいです。私の知らないうちにまた時代が進んだ、、、みたいな気持になった。みなさんすごいと思ったけど、これにしてみた。

小さな恋のメロディ

今週は映画を見ました。土曜日は「ビルエヴァンス タイムリメンバード」、日曜日に「小さな恋のメロディ」。

 まず、ビルエヴァンス、良かったです。私はビルエヴァンスは静かすぎると思っていたけど、映画の中でずっとビルエヴァンスが流れていて、良さがわかってきました。演奏の時、あんなに首を前に倒して、肩が凝りそうだと思いました。でも和音に集中するとああいう姿勢になるかも。何となくシャイなイメージを持っていましたが、年を取ってからは、積極的に女性にアプローチしていたようで、それはイメージが違ってて驚きました。

 小さな恋のメロディは、子供たちが生き生きしててまぶしかった。あの終わり方、無責任ではありますが、爽快だと思いました。

あと、途中で「先生がレットイットビーでも歌いだす前にどっか行こうよ」っていうのが、そういう時代だったんだなー、と思って興味深かった。そのほかも、1970年頃のイギリスの庶民の家庭の感じとかも興味深かった。昼間にバーにいる父さんとか。廃品回収のトラックとか。

 Youtubeは、小さな恋のメロディ。